アニモ動物クリニック

MENU

腫瘍治療

腫瘍治療について

ワンちゃんねこちゃんにおいても腫瘍の病気が増えています

ワンちゃんねこちゃんにおいても腫瘍の病気が増えています

動物の生活環境が向上したことや飼い主様のペットに対する意識が高まったことで、動物の寿命は以前よりも延びています。
よろこばしいことですがその一方で、ワンちゃんねこちゃんの腫瘍性疾患が増加傾向にあります。

腫瘍性疾患は大きくわけて二つあります

腫瘍性疾患とは、細胞の遺伝子の異常が要因で制御できなくなり、増殖し続けるようになった状態を指します。

大きく分けて2種類あり、一つは発生した臓器で少しずつ大きくなる「良性腫瘍」です。
そしてもう一つは、隣接する臓器に浸潤したり、離れた他の臓器に転移する「悪性腫瘍」です。
一般的に「がん」と呼ばれるものは、この悪性腫瘍を指します。

良性腫瘍の場合、生活に支障をきたすことはあっても、基本的には命に関わることはありません。
しかし悪性腫瘍の場合、命を脅かすことがありますが、発見が早ければ早いほど、治療できる可能性は高まります。
当院では様々な検査・治療により腫瘍性疾患の早期発見・早期治療に努めていますので、「いつもと違う」ことに気づかれたら、お早めに当院までご相談ください。

また、元気なうちから定期的に健康診断を受けることが、病気の予防や早期発見へとつながります。

早期発見するために日頃から体に触れてチェックを

ワンちゃんの場合、体表にできる腫瘍の多くは良性とされています。
一方ねこちゃんの場合は、約2/3は悪性と言われています。
小さい頃から体を触られることに慣らし、日常的にしこりなどの異常はないかチェックするようにしましょう。

なかでも乳腺のしこりや精巣の左右の大きさの違いなどは、比較的気付きやすい異変と言えるでしょう。
また、尿や便、よだれ、鼻水などに血が混じっている場合、体内の見えないところに腫瘍性疾患ができている恐れがあります。
一時的なこともありますが尿や便に血が混じる状態が続くようでしたら、お早めに当院へご連絡ください。

腫瘍の治療はグレードやできた部位によって異なります

手術

腫瘍、またそれが疑われる部位を外科的処置によって取り除く治療です。

化学療法(抗がん剤治療)

抗がん剤を投与して腫瘍細胞の死滅をはかり、手術をプラスする場合もあります。

放射線療法

X線や重粒子線などの放射線を照射して腫瘍細胞を死滅させます。
(大学病院での治療となります)

※必要に応じて適切な専門機関をご紹介させていただきます。

レーザーを用いたマイルドレーザーサーミア治療

当院ではLEDレーザーを用いた癌の温熱療法を実施しています。
身体にレーザーを照射することで体温を上昇させ、免疫力の向上、インドシアニングリーンという試薬を用いて腫瘍だけにダメージを与える温熱治療も可能です。

RUN&CAFE LAZO
top
0120220121 RUN&CAFE LAZO LINE INSTAGRAM