アニモ動物クリニック

MENU

診療対象動物別の病気

犬の主な病気

皮膚疾患

皮膚疾患

犬は皮膚の弱い動物で、皮膚に赤いぶつぶつ(丘疹)ができたり、フケが増えたり、毛が抜けたりトラブルは様々です。
これらの症状を示す皮膚病は、細菌やカビが原因の感染性皮膚炎やアトピー、ホルモン異常による皮膚炎以外にも、全身の影響が皮膚に出ることもあります。

耳の疾患

耳の疾患の中で、特に多いのが外耳炎です。
この病気は耳道内の洗浄と点耳薬による治療で改善しますが、慢性化し難治性外耳炎へと進行してしまうこともあります。
耳の汚れが目立つようになったり、耳をかゆがるようになるなどの症状が見られたら早めにご相談ください。

消化器系の疾患

消化器系疾患は、多くの犬が患う病気です。
幼少期は異物の誤食(おもちゃなどを食べてしまう)、中年齢以降では膵炎や胆嚢疾患、高齢になると慢性的な難治性腸炎などが多く、嘔吐や下痢、脱水、食欲不振などの症状が表れます。

歯周病

歯周病

犬が虫歯になることはほとんどありませんが、3歳以上の犬の80%が歯周病だと言われています。
症状は、目で見てわかる歯石の他にも歯肉炎から痛みがでたり、口臭が強くなることが特徴です。

悪化すると顎の骨まで感染が進行し、顎の骨折や全身への菌の波及が起こり、肺炎や心臓病、腎臓病を引き起こすとも言われています。
たかが歯周病ですが、命に係わることもあるので注意が必要です。

目の病気

犬は目の病気になりやすく、まつげの一部が目に刺さって炎症を起こしたり、遺伝的な理由で若い犬でも白内障や緑内障を発症することがあります。
特に目が大きく、前に飛び出している犬種は眼球を傷つけたり、細菌などに感染しやすくなります。

猫の主な病気

慢性腎臓病(慢性腎不全)

慢性腎臓病(慢性腎不全)

猫は腎臓病を患いやすく、加齢と共に腎機能が低下します。
腎臓病の初期には水をたくさん飲んだり、尿量が増えるなど、尿に関連した変化がみられます。
進行すると食欲不振や体重減少、嘔吐、けいれん発作など、全身的な症状を示すようになります。

ウイルス感染症(猫エイズ・白血病・猫伝染性腹膜炎)

猫は、犬と比べてウイルス性感染症が多く見られます。
特に「猫エイズ」「猫白血病」「猫伝染性腹膜炎」は、根本的な治療はなく発症すると命に関わる恐ろしい病気です。
血液検査を行うことで、感染の有無が容易に判定できます。

歯周病

歯周病は犬と同様に猫にも多く見られます。
猫は歯みがきが困難ですが、デンタルグッズを上手に利用することで歯周病の発症を遅らせることが可能です。
症状が進むと口の中の細菌により、アンモニア臭のような口臭が感じられます。

小動物の代表的な病気

ウサギによくある病気

生殖器疾患(子宮疾患・精巣疾患)

生殖器疾患(子宮疾患・精巣疾患)

ウサギは高齢になると生殖器疾患の発症率が高まり、子宮疾患の発生頻度は増加します。
特に内膜過形成・癌・筋腫・水腫などが多く、初期症状は見られないため発見が遅れがちになります。

進行すると血尿や精巣の腫れなどが生じ、重症化してからご来院されるケースも少なくありません。
これらの疾患は若いうち(約1歳半まで)に不妊・去勢手術を済ませておけば予防をすることが可能です。

不正咬合

ウサギの歯は人間の歯と違い一生伸び続けます。
そのため奥歯が正常に噛み合わなくなったり、前歯が伸びて口腔内を傷つけたりするなどお口の中で様々なトラブルを起こしやすくなります。
食欲低下、ごはんを食べにくそうにしている、よだれが多い、などの異変に気づいたらご相談ください。

スナッフル

スナッフルとは副鼻腔炎や気管支炎など上部気道で起こる症状の総称です。
症状は、頻繁なくしゃみ、鼻水、目やになど。
鼻がつまって呼吸がしにくくなるため、食欲が低下することもあります。

泌尿器疾患(尿路結石症)

尿路結石とは膀胱や尿道などに結石ができる病気です。
発症すると頻尿や排尿困難などの排尿障害を引き起こすほか、結石が粘膜を刺激して膀胱や尿道などが炎症して、血尿が出ることがあります。
結石により尿道が塞がれてしまうと、排尿時にいきむ動作をするようになります。

ハムスターによくある病気

皮膚病

ハムスターによくある病気

ウイルスの感染、不潔な飼育環境などが要因となり、皮膚病にかかることがあります。
主な症状は、かゆみ、脱毛など。

当院ではまず皮膚病が起こっている原因と追究したうえで、適切な治療を行い改善していきます。

下痢

細菌・ウイルスの感染により、下痢を起こす場合があります。
内臓疾患や腫瘍が原因で起こることもあるため、異変に気づいたらすぐに受診をしましょう。

腫瘍

ハムスターは腫瘍ができやすい動物です。
腫瘍が良性か悪性かによって治療方法は異なりますが、ハムスターにとって負担になるため、1歳を過ぎたころから注意が必要です。

フェレットによくある病気

インスリノーマ

フェレットによくある病気

インスリノーマとは、膵臓のインスリン分泌細胞で起こる腫瘍で、フェレットの低血糖症とも呼ばれる病気です。
低血糖を起こすと「ぐったりしている」「昏睡状態になっている」「よだれが出ている」「ガクガクと震えている」などの症状が現れます。

リンパ腫

フェレットのリンパ腫は肝臓や膵臓など様々な部位で発症し、近年増加傾向にあります。
食欲低下、体重減少、下痢、呼吸困難、歩行異常などの症状が現れますが、原因ははっきりわかっていません。

異物の誤飲

好奇心旺盛なフェレットでは、異物の誤飲がしばしば起こります。
胃に留まっているうちは強い症状はみられませんが、腸閉塞をおこすと重度の脱水やショック状態に陥ることがあります。
誤食が疑われた場合には放置せず、早めの受診をおすすめします。

小鳥のよくある病気

自咬症・毛引き症

自咬症・毛引き症

毛引きは小鳥にとっては正常な行動ですが、過度の毛引きにより脱毛が起こった場合には、毛引き症と診断されます。
悪化すると自分で自分の皮膚を傷つける自咬症となる場合があります。

疥癬

トリヒゼンダニが原因で起こる皮膚の病気です。
主に口角から起こり、徐々にくちばし、顔面、脚全体へと広がります。

卵詰まり(卵塞)

卵が産道で詰まる病気です。
腹部の膨満、痛み、食欲低下などの症状が現れます。
不潔な飼育環境や、運動不足などが原因で起こり、産卵日・産卵中によく起こるので要注意です。

RUN&CAFE LAZO
top
0120220121 RUN&CAFE LAZO LINE INSTAGRAM